脳内妄想

小説メインの文章を書くこと全般についてのブログ。

小説メインの文章を書くことについてのあれこれ。

認識率でイラっとくるけれど音声入力はおもしろい

はいはい。今日もまた約六割の力で書いてますよーぅ。

 

いつもはデスクトップパソコンで作業をしているのですが、椅子に座ったままというのが意外にツライ。ハーマンミラーアーロンチェアが欲しいよぅ。知人が使っているので、遊びに行った時に座らせてもらったら、すごく座り心地は良いし、何より腰が楽でした。…そんな高級品をぽんと買える程の財力はないですけどね(遠い目)。

 

 

 でもって、本題の音声入力の話。

サブ機で使っているノートパソコンで音声入力ができるように、いろいろと設定いたしまして。寝る前にベッドでごろごろしている時や、朝起きて思いついたネタを、とりあえず音声入力で保存してます。

 

問題は音声入力の認識率が、意外に低いこと。ボケボケの頭で、とりあえず音声入力するものの、あとから見返してみると、意味不明な文字列になっているという…。滑舌は悪くない方だと思うのですがねぇ。 その意味不明な文字列から、ネタが浮かんだりすることもあるので侮れない。←

 

そんな訳で、今夜も寝る前に、ノートパソコンを開いて、ごろごろしながら音声入力してみましょうか。

 

サブ機でも、MS-Officeが入っていると、何かと便利ですよ。

 

小説同人誌を書くなら、 MS-Word よりも一太郎

特に赤の一太郎(プレミアム版)がお勧めです!